カウンセリング

【顎のたるみを改善】フェイスラインをスッキリさせる効果あり

  1. ホーム
  2. 皮膚を引き締め脂肪を取る

皮膚を引き締め脂肪を取る

女の人

顎のたるみは皮膚が弾力を失い、脂肪や筋肉の重みに耐えられなくなって起こります。顎の下には皮膚を支える骨がないので、たるみを止めることができず、放っておくと二重顎になってしまうこともあります。たるみを改善するには皮膚を引き締めることや、溜まった脂肪を取り除くことが主な方法になります。皮膚を引き締める方法として、美容外科ではリフトアップ手術を行います。リフトアップにも幾つかの術式がありますが、こめかみ近くの生え際を切開し、皮膚を引っ張り上げて縫合する手術が代表的です。たるみが目立つときは、皮膚だけでなく皮下組織も一緒に引き上げます。このとき傷跡は残りますが、ほとんど目立たない場所なので心配ありません。リフトアップ手術は直接的な効果がある反面、ダウンタイムが長めで、施術後も通院する必要があります。切開せずに糸を入れて皮膚をリフトアップさせる方法もあります。切開手術よりは手軽で料金も安く、ダウンタイムも短いのが特徴です。また糸の刺激で皮下組織が活性化し、コラーゲンが生成されて皮膚のハリを取り戻す作用も期待できます。顎が後退しているせいでたるみが目立つ方は、骨格を補正する施術で改善できることがあります。具体的にはシリコンプロテーゼを挿入して、後退した顎を前に出します。手術は口の中を切開して行うので、外から傷跡が見えることはありません。手術をしたくない場合は、ヒアルロン酸などを注射して顎を膨らませることもできます。ヒアルロン酸注射はダウンタイムがほとんどなく、料金も低額ですが、手術と違って一定期間で体内に吸収され、効果がなくなってしまいます。脂肪を取り除く方法として代表的なのは脂肪吸引です。耳の後ろなどの目立たない場所に小さな穴をあけ、カニューレを挿入して余分な脂肪を吸い出します。施術後しばらくは腫れが続くので、長期間の休みを取れる方に向いています。吸引した脂肪細胞は再生しないため、半永久的な効果が期待できます。脂肪吸引よりもダウンタイムが短い方法は脂肪溶解注射です。特殊な薬剤で溜まった脂肪を溶かし、自然に排出させるのが目的です。施術は1〜3回ほど繰り返して行うのが普通で、手軽なプチ整形として人気があります。脂肪吸引も脂肪溶解注射も、デザイン感覚がないと不自然な仕上がりになってしまうことがあるため、熟練した医師に施術してもらうことが大切です。複数の方法を組み合わせて、より確実にたるみを取ることも可能なので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。